カレーの日

1月22日は「カレーの日」です♪

 

▼ここから抜粋。

 

1982年(昭和57年)のこの日、

全国の小中学校で給食にカレーが出たことを記念したもの。

ちなみに日本人が初めてカレーに出合ったのは1863年。

幕府の遣欧使節に随行した

三宅秀清の日誌には・・

「飯の上ヘ唐辛子細味に致し、

芋のドロドロのような物をかけ、

これを手にて掻きまわして手づかみで食す」。

これがどうもカレーライスらしい。

▲▲▲抜粋、ここまで。

 

国民食でもあるカレーですが、

いまや、全国各地の「ご当地カレー」も盛んのようです。

http://www.currystadium.com/

この日は、スーパーの特売に期待しましょう。

小正月

今度の1月15日は「小正月」ですね。

 

▼以下、抜粋。
 

「望(もち)の正月」とも呼ばれる小正月には、

焼かない餅を入れた小豆粥を食べる地方が多い。

また、

みずきや柳の枝に紅白の餅などを飾りつけた

「餅花」や「繭玉」を飾って豊作を祈ったり、

粥を棒や竹でかき混ぜて付いた飯粒の数で

豊凶を占うなど、

農耕に関する行事が多い日。
 

▲抜粋、ここまで。

農業と結びついた祭事でもあるのですが・・

地方によって、小正月の過ごし方が違うようですね。

 

そういえば、おとなりの三条市には、

小正月の飾りに欠かせない

まゆだまの伝統工芸が有名です。

 

ともかく、寒さもまだまだ続きます。

わたしとしては、

縁起かつぎに、あずきのお汁粉で寒さをしのぎたいトコですね。

とんちの日

1月9日は「いっきゅう」の語呂合わせから

「とんちの日」です。

 

一休さんといえば、

昔の書物からうかがい知れることに、

奇行が多かったそうです。

 

また、変った句も詠んでたそうで、

その一例として、

 

『門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし』

 

などがあります。

 

もともと実在の人物だったことも奇跡ですね。♪

 

たまには

頭をつかわなければ、と思った日でした。^^

「 松 湯 」でユッタリ

朝晩寒いですが、

この時期の、夜の楽しみといえば「お風呂」です♪

 

日本のよき風呂文化・・

外国の方には珍しい「季節湯」の風習もあります。

 

今回は、季節湯の楽しみ方と、その効果をご紹介します。

 

1月の季節湯は「 松 湯 」

門松に通ずる「松」は「神を待つ木」の意味を持ち、

神霊が下界に降りてくる為の目印とされてます。

 

松に含まれる精油成分には・・

皮膚を刺激する作用があり、血行促進に効き、

松湯の風呂に入ると身体の隅々まで血液が循環します。

 

その結果・・

神経痛やリウマチに効き、肩こりや腰痛にも効果があります。

 

また、松の芳香に含まれる化合物は、

疲労感を軽くしてくれる働きがあります。

嬉しいですね。o(^-^)o

 

ともかく今回は

「 松 湯 」でユッタリしましょう。

 

謹賀新年

謹んで新春をお祝い申し上げます。

旧年中は一方ならぬお力添えを賜りましてありがとうございます。

本年もなお一層のご指導ご鞭撻を仰ぎたく、なにぶんよろしくお願いいたします。

Kadomatsu

「お蕎麦」で胃腸を強く!

大みそかには「年越しそば」を食べる慣わしがあります。♪

 

そばを食べて寿命が延びますように・・とか、

末長く繁盛しますように・・、という願いを込めたものだとか。♪

 

日本蕎麦は今が旬!

8月に種を蒔き、晩秋に収穫する秋ソバは

11月~12月が美味しいそうです。

 

そして、そばに含まれてる「ビタミンB1」が

糖質の代謝を高めてくれ、

胃腸を強くする効果もあり、便秘や下痢にも効くそうです。

 

・・嬉しいですね。

 

さらに、そば湯も飲みましょう。

そば湯には、そばを茄でた時に、

抜け落ちた栄養分が十分に含まれているので、

欠かさず、汁も大事です。

 

ともかく今回は「日本そば」で健康めざしましょう。

12soba

冬至そして柚子湯

本日は冬至。
 
 
 

近頃はクリスマス行事に隠れてしまって

ちょっと影が薄らいだ冬至ですが、

暦の上では大事な基点。

 
 
 

この日を境として

新しい四季の巡りが始まる日ですから、

冬至にまつわる行事も多く残ります。

 
 
 

 
 
 
 

冬至は、太陽の南中高度が最も低くなる日で

暦の上では冬の極みなのですが、

気候的に考えると、

この日を境に寒さがつのる日でもあります。

 
 

いわゆる・・これから一層寒くなるということですね。

 

ゆず湯には、こんな寒い日々に風邪などひかず

元気に過ごせるように、と言う意味があります。

 
 
 

 
 
また、「ユズ」は「融通」に通じて、

お金の周りが良くなりますように、と言う願いも込められているとか。

今年は、ゆずの数を増やして入浴してみましょう。

12_yuzuyu

「アンコウ」で お肌にハリを!

寒さもひとしお・・

そんな寒い冬の定番、お鍋・・♪

こんな日の夜はお鍋ですね。

 

その王道?ともいうべき「アンコウ鍋」もいいでしょう。

 

 

▼以下、抜粋。

アンコウの旬は11月~3月。

冬は産卵をひかえて、たっぷり栄養を蓄え、

肝に脂がのり、一番おいしい季節です。

 

★お肌にハリを与える

ビタミンAの一種「レチノール」が含まれており、

表皮細胞の新陳代謝を活性化し、

お肌にハリを与えてくれます。

 

▲抜粋。ここまで。

 

お肌にハリを与えてくれるのなら・・嬉しいですね。

ともかく今回は「アンコウ鍋」で肌美人めざしましょう。

冬の肌あれに ミカンを!

寒風 吹きすさぶこの頃・・

顔がこわばった状態の人が多いのでは?

ビタミンが不足しているかもしれません。

 

この時期は冬の定番の

「こたつでミカン」と行きましょう。

 

ミカンはビタミンCをたっぷりと含んでいますが、

だからといって食べすぎてもダメ。

3個くらいで、大人が1日に必要なビタミンCが補給できます。

 

そのビタミンCには・・

風邪などの、ウイルス感染への抵抗力も強化されます。

 

そして、「みかん湯」もオススメです。

みかん湯には血行促進効果があります。

いつまでも体が温かな状態が続き、湯冷めしにくいそうです。

 

みかん湯は色白美人になる・・との伝説も♪

 

嬉しいですね。

 

 

ともかく今回は「ミカン」で健康めざしましょう。

百円玉記念日

今度の12月11日は「百円玉記念日」とのこと。

 

1957(昭和32)年、百円硬貨が発行されたことから・・とのこと。

 

それまでは板垣退助の肖像の紙幣だったそうですから・・。

 
 

懐かしいですね~。

 
 

百円札、たしかに持ってました。♪

 
 

今は、趣味のコレクションとしての
 

希少価値な存在ですが、
 

たぶんまだお持ちの方もおられるのでしょうか?

 
 

100円ショップが席巻する時代でもありますが・・

 

100円硬貨に
 

ありがたみを持っていきたいですね。
 
 
 
 
 

«精神安定に「ゆり根」♪

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ