« さつまいもの日 | トップページ | 国体記念日 »

直哉忌

10月21日は・・直哉忌。


志賀直哉の命日です。
  


『城の崎にて』、『暗夜行路』、
  

などの作品で知られる作家ですね。

 

 

▼以下、抜粋


唯一の長編の 『暗夜行路』 はじめ、

父親との確執が解消される過程を描いた『和解』。

 


ある貴族院の男のことを

神様と思い込む秤屋の奉公人の話『小僧の神様』

(この小説が評判になり、志賀は“小説の神様”と呼ばれるようになる)、

 


蜂や鼠を観察しながら

自分の生と死とを省察した『城の崎にて』などの作品がある。

 


寡作で、作品集に作品が重複して収録されることが多かった。


享年88。

 


▲抜粋、ここまで。

 

 

 

当時からすれば長寿だったんですね。

 


ちなみに広島県、尾道の彼の旧居跡には

「おのみち文学の館」が設けられているそうです。

 


読書の秋ですから、


たまにはこういった文学もたしなみましょう。^^

 

« さつまいもの日 | トップページ | 国体記念日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さつまいもの日 | トップページ | 国体記念日 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ